那須小川についてABOUT NASU OGAWA

那須小川ゴルフクラブの沿革

  • 那須小川ゴルフクラブは昭和44年10月6日、創業オーナーの神場多巳一翁によって栃木県内15番目のコースとして18ホールオープンした。 オーナーは地元那珂川町(旧馬頭町)出身で農林省に入省したが昭和38年に退官後東京において電話帳広告代理店を創業して成功し、永年の念願だった『郷土に夢と希望を実現させる那珂川グリーンランド構想』を半世紀も前に打ち立て実行に移したのである。

    第二の核となったのは、旧馬頭町小口の那珂川の清流を眼下に臨む南平(みなみだいら)と称されていた景勝の台地において、嘗てないほど「すべすべ、とろとろの元祖美人の湯」と、後日称賛されることになった名湯を湧出し繁栄した南平台温泉ホテルであった。

    那須小川ゴルフクラブが開場してから日本のゴルフは、男子プロ界に青木功、尾崎将司、中島常幸らの活躍と女子プロ界では樋口久子、岡本綾子の出現と活躍により国民的スポーツ&レジャーとして沸騰するきっかけとなり第二次ゴルフブームを巻き起こした。日本経済の大発展と併行してプロゴルファーを主体にした男女プロゴルフトーナメントも盛んとなり、那須小川は請われて『那須小川レディースプロゴルフトーナメント』を昭和57年(1982年)4月に第1回大会を開催して大成功を収めた。その後、平成13年(2001年)の第20回大会まで連続20年の間、当時としては日本で唯一ゴルフ場主催の女子プロトーナメント単独開催を実現したのである。

    その後のゴルフ界並びにゴルファーニーズの変遷に対応し、現在では新しいゴルフ場スタイルを模索し新たな脚光を浴びようとしている。18ホール(トーナメント使用の高速グリーン)はやや難しいコースとして技能向上を目指すゴルファーから挑戦意欲と好評を博している。また、希望者には全てのホールでバック(フルバック含む)ティー使用を可能にし、併せて一人プレーからレッスンラウンドまで可能にした練習プレーコース(PLUS3=ロング、ショート、ミドル各1ホール)を平成26年から営業している。更にアプローチ&バンカー練習ゾーン打放し練習場や公式競技用の芝生練習ティショット練習場を完備している。好評の朝食無料サービスに加え平成27年4月より、フルバイキング(フード50種、酒類込みのドリンクフリー&豊富なデザート)が大きな魅力となっている。

    那須小川が目指すところは『嬉しい・楽しい創造フィールド』である。

那須小川ゴルフクラブの特長

  • 当ゴルフ場のコースは合計21ホール

    那須小川レディスプロトーナメントを20年連続で開催した「トーナメントコース」の18ホールと、練習ホールの3ホール「PLUS3」があります。

    コースコンセプトは『ちょっと難(ムズ)』

    那須小川ゴルフクラブのプレーで鍛えるとスコアが良くなる!・・・ そんなコース造りをしています。

    グリーンは通称『F1グリーン』

    オンシーズンは10feat以上の時もあり、速いとご好評をいただいています。

    充実の『宿泊プラン』

    正直アクセスは良いゴルフ場ではありませんので、ご宿泊でのご利用もお勧めします。クラブハウス内のロッジや、直営の南平台温泉ホテルでは旬の会席料理と泉質抜群の「美人の湯」、スタッフが心を込めてお客様をおもてなしいたします。

    グルメなゴルフ場を目指しています『朝カフェ・昼バイキング』

    当ゴルフ場のシェフは、月に1度有名フレンチ店の勉強会に参加し、腕を磨いております。そんなシェフが作るバイキング料理をお楽しみください。スタート前から仲間と一緒に朝ごはんを食べてプレーをお楽しみいただいた後は、蟹や月替わりの料理フェアを含む全50種類の料理をお楽しみいただけるランチバイキングを。アルコールを含むお飲み物も飲み放題でご用意しています。
    女性に嬉しいアイスクリームもご用意しています。

    営業時間:10:30~13:30(L.O. 12:30)

    【お食事だけをご利用のお客様へ】
    大人:1,380円 子供(小学生):800円(大人の方ご利用同伴に限ります)
    ※ソフトドリンク付き アルコール飲み放題:+800円
    ※全て税別

ページトップへ