コースガイドCOURSE

HOLE 17

18ホール中最もプレッシャーのかかるティーショット。 スライサーは、右の斜面にぶつけるイメージで、
フッカーは右斜面のキックを使う感じ。明確なビジョンが、鍵となる。
2打目以降は、ブラインドとなるが、
中途半端な距離のバンカーショットが残らないように、よく方向を見定める事が肝心。
PAR BACK REG
5 582 523

コース詳細

ページトップへ